新着記事公開!【EDは男性なら誰でもかかる可能性のある「血管の病気」…!?】

バイアグラは”通販で購入できる”ED治療薬です。偽物のバイアグラではなく本物を、正規品を購入する方法、効果や副作用について解説します。

バイアグラを通販で買う…
それ偽物じゃないの?

「バイアグラが通販できる」と聞いて、偽物じゃないの?詐欺じゃないの?と怪しく思うのは当たり前です。

日本の法律には違反しないものの、厚労省からグレーゾーンとされる医薬品の個人輸入(個人輸入代行)。バイアグラの製造や販売を行う製薬会社・ファイザー社は、「個人輸入で入手できるバイアグラはすべて偽物だ」と指導しています。バイアグラの処方数が減ってしまっては売上が下がります。販売元としては、当然の対応です。

本当にすべて偽物なのでしょうか?

海外でごく普通に利用されているバイアグラや、バイアグラのジェネリック薬だって、当然あるはずです。日本から個人輸入できる商品はすべて偽物だ、という結論は、あまりにも強引すぎます。

海外でごく普通に販売されている商品を、個人輸入できないのでしょうか・・・?

当サイトでは、実際に管理人が個人輸入代行を利用して入手した、バイアグラやバイアグラジェネリックを紹介します。購入までの解説はもちろん、商品を使ってみた感想まで、包み隠さずにお話していきます。

個人輸入は何かあっても自己責任?もちろんです。

個人輸入に限らず、現代は自己責任のもとにリスクを背負う反面、いろいろな方法が自由に選択できます。一度使ってみたら、あなたも個人輸入の便利さに納得するはずです。

バイアグラの購入方法
病院か通販か、焦りは禁物

バイアグラ童貞が「バイアグラを使ってみたい!」と思い立ったら、まずは最寄りの内科や泌尿器科を探すべきです。いきなり個人輸入に走るのはおすすめできません。ED(勃起不全)を専門的に治療する病院に行ってみるのもいいでしょう。

バイアグラを病院で処方してもらうときの価格と、病院よりも安くバイアグラを入手できる、個人輸入の価格を紹介します。

病院の処方価格の相場

バイアグラを入手したいのなら、ED治療を行っている病院に行きましょう。飲み薬を使う以上、まずは安全に使いたい、という不安を解消するには、病院が一番です。きちんと医師に診てもらった上で、適正な量を処方してもらえます。

「診察で根掘り葉掘りインポについて聞かれるのでは・・・?」という不安を感じるかもしれませんが、診察で陰茎を見せて詳しく調べられるようなことはないので安心してください。身体的な所見よりも性生活についてや、普段の生活習慣、食事の内容などを含めた問診が中心です。

性交が上手くいかなかった経験も問診で話してスッキリしましょう。我慢して不安を抱えたままでは、ストレスの原因になります。ストレスで勃起できない。勃起できないから、さらにストレスがたまる。EDが悪化する悪循環に陥ってしまいます。

医療機関でED治療を受けるネックとなるのが医療費です。バイアグラの効果は絶大ですが、その一方でとにかく費用が高いのです。あくまで調査した平均価格ですが、25mgなら1300円・50mgなら1500円程度を相場としてみておいて下さい。

■ 病院でのバイアグラの処方価格

バイアグラ50mg錠:1錠あたり1,500円(税込) + 初診料・検尿・心電図・処方料含め 5,000円 = 6,500円(4錠で11,000円)

バイアグラ25mg錠:1錠あたり1,300円(税込) + 初診料・検尿・心電図・処方料含め 5,000円 = 6,300円(4錠で10,200円)

※バイアグラの処方に診察料が1万円前後かかると記載するサイトもありますが、内科や泌尿器科を調査したところ、3,000円から5,000円が相場でした。

上は1錠あたりの値段です。

つまり、バイアグラを使って性行為をしようと思ったら、毎回1,500円が飛んでいくといっても過言ではありません

さらにデート代やホテル代など、考えているとお金がいくらあっても足りません。バイアグラ以外にも第2、第3の治療薬としてレビトラやシアリスも認可されていますが、これらは同等以上の価格帯です。加えて病院の診察代、病院までの交通費もかかってくるため、とにかく高額です。

バイアグラの処方には健康保険が適用されません。性行為ができないからと言っても、命に関わるようなことではないからです。国の少子化対策の一環としても、ED治療薬が保険適用されることを切に願います。

通販・個人輸入の販売価格の相場

ED治療の費用がネックで、通院に踏み切れないというなら、通販サイトを利用して手に入れる方法はいかがでしょう。費用以外でも、恥ずかしくて、あるいは病院に行く時間が取れないという方でも、24時間いつでもどこでも購入できます。

通販の価格相場では、病院の処方価格よりも割安です。錠剤だけで性交1回に1,500円という病院の価格に比べ、1,300円前後と安上がりです。4錠購入すれば800円の差額。50mgが1,300円程度を相場としてみておいて下さい。

■ 通販・個人輸入でのバイアグラの販売価格

バイアグラ50mg錠:1錠あたり1,300円(税込) + 送料無料 = 1,300円(4錠で5,200円)

あなたは、この金額を見比べてどう感じましたか?

たしかに安いことは確かなのですが、特筆するほど安くはない……ですよね?誰が見ても「安い」と感じる、激安価格を期待したと思います。

たしかに診察料を含めると半額だけど、それでもまだ安くはない・・・やっぱりバイアグラって高いな。

私は、新宿のED治療専門クリニックで、通常価格でバイアグラの処方を受けました。その後に、個人輸入代行サイトのバイアグラの価格を見ました。

正直なところ、飛びつくほどのお得感は感じませんでした。

「費用をもっともっと安く抑えたい」と考えた私は、バイアグラではなく、別の商品を購入したのです。

「とにかく価格を抑えて、バイアグラ並の勃起を手に入れたい」という方におすすめなのが、バイアグラそのものではなく、バイアグラのジェネリック薬を利用する方法です。

ジェネリックですから有効成分はバイアグラと同じくシルデナフィル、効果も同じです。それでいて広告宣伝費や開発費がかからない分、薬代自体が安くなるのです。商品によっては4分の1程度の低価格で手に入れることもできます。

バイアグラの格安ジェネリック薬は、一般の病院では取り扱っていないため、通販でしか入手できません。国内では処方せん薬であるバイアグラは、医師の処方せんがないと購入できません。しかし、海外ならごく一般的なスーパーなどでも購入できます。

海外版のバイアグラやバイアグラ・ジェネリックを、個人輸入という形で入手するのです。病院で処方せんを貰ってこなくてよいので、診察代や交通費も不要です。確かに海外からの送料はプラスされるものの、それでも十分安くなるのです。

一度に複数の商品を「まとめ買い」することで、海外からの送料が無料になるサイトもあります。

ここで注意したいのが、海外製品のなかに混じる粗悪品です。この問題は、個人輸入の代行業者のなかから、信頼できるサイトを選ぶことで解決します。

いつまでも「バイアグラと言えば病院で」ではなく、賢い買い物の仕方を学びましょう。業者ごとに値段は異なります。買い物のコツは、とにかく安価な商品を求めるのではなく、大切なのは信頼性を重視することです。そうでないとさまざまなトラブルに巻き込まれることになり、結局は高い買い物となってしまいます。安くて良い業者だって揃っていますし、病院で購入するより、費用の大幅な節約になります。

通販でバイアグラを購入する

私が選択したのは、通販(海外版の個人輸入代行)を利用して、バイアグラをはじめとしたED治療薬を購入する、というスタイルです。

その昔、町中の電柱に「バ●アグラ 090-0000-0000」などと隠語と電話番号の張り紙があったのを覚えていませんか?いまほどインターネットが普及していなかったころは、張り紙をゲリラ的に掲示して、業者が注文を受けていました。当然ながら、これは日本国内で違法に営業・販売する業者でした。

現在は、インターネットを通じて、海外の医薬品卸業者に対して、直に商品を発注できるのです。Amazonや楽天などの大手通販サイトでは、バイアグラを取り扱っていません。しかし、海外の医薬品卸業者のサイトなら、Amazonや楽天を使うときと同じような操作で、バイアグラを購入できるのです。購入した商品は、海外から日本国内に向けて発送されるので、自宅にいながら海外版のバイアグラが入手できるのです。

通販の3大ポイント

  1. 通院が不要
  2. 低価格
  3. 種類(ジェネリック医薬品)が豊富

何故コストが安くなるのかというところですが、通販は海外の卸業者が商品を直に販売するというスタイルをとっているからです。ドラッグストアなどの仲介業者が介在しないため、、中間マージンが省けます。日本国内で処方してもらうよりも低価格で購入できるのはこのためです。海外の医薬品メーカーとのパイプを持っている業者であれば、より安く仕入れることができます。海外のドラッグストアに並ぶ商品そのものなので、商品の安全性はもちろんのこと、日本では取り扱っていない商品も入手できるのです。

また、私が利用する個人輸入代行サイトは、セキュリティー対策も万全です。最新のセキュリティー体制が敷かれていて、個人情報も注文内容も暗号化(常時SSL通信)して送信されます。プライバシーなども厳密に守られているため、設備的な面でも人的な面でも、安全性が保障されています。セールスの電話が急にかかってきてびっくり!なんてこともありません。

個人輸入代行サイトのほとんどで、医薬品の支払いにクレジットカードも使えます。通販サイトなら当たり前のポイント制度もあります。買いやすさに加えて買った分だけポイントが付与されるため、病院で処方してもらうよりも、続けて使うメリットが多いのです。

病院でバイアグラの処方を受ける

まずED治療を行っている病院やクリニックを探します。医療機関によって特色があるので、自分にとって一番条件が良い病院を探しましょう。バイアグラをはじめとしたED治療薬を入手したいのなら、「ED治療の専門クリニック」という条件で探してみてください。

ED治療の専門クリニックでは、受付での自己申告が不要な病院が増えています。患者が何を望んできたのかは分かっているので、自己申告が不要なのです。待ち合い室で診察の順番を待つ間に、問診票の記入をおこないます。

診察では、事前に記入した問診の内容に沿って、医師から説明を受けます。診察で確認されるのは、持病の有無や、服用中の医薬品などです。この質問は、バイアグラとの飲み合わせを確認するために行われます。無事に医師の診察が終われば、バイアグラが処方されます。

ED治療の専門クリニックは、処方の仕方にも特徴があります。一般の病院のように、受付の女性スタッフに名前を呼ばれるようなことはまずありません。男性患者の恥ずかしさを考慮するという点で、診察室で医師から手渡しされることが多いのです。また、受付でバイアグラを手渡される場合でも、男性スタッフが担当しているということもあります。

病院で処方を受ける際の注意事項は、ED治療には健康保険がきかないことです。診察費、検査費、薬剤費はすべて自己負担となってきます。診察費なども含めると高額な医療費がかかることもあります。費用面は事前に問い合わせするなどして確認すると良いでしょう。

非常に稀なケースですが、なかにはバイアグラによる薬物治療では対処できない、という診断結果がでることもあります。そのときは、注射や手術など、他の治療法を提案されたり、規模の大きい病院を案内されるのです。

通販のメリットとデメリット

バイアグラの通販にはメリットもあればデメリットもあります。あなた自身が感じるメリットがデメリットを上回るようなら、通販がおすすめです。

バイアグラを個人輸入するメリット

通販の大きなメリットは、通院の手間が省けることです。自宅にいながら入手できるので、Amazonや楽天などで通販する感覚と同じく、非常に手軽で便利なのです。

プライバシーが守られる

医師はさまざまな患者を診てきています。だから胸を診せて聴診器を当てられようが、家族にも友人にも話していないような性生活の具体的なところまで話すことになってもなんら恥ずかしがる必要はありません。

そうは言っても、特に性に関する悩みはデリケートです。病院に行こうかどうしようかを悩むことで更に悪化しないとも限りません。その点、個人輸入であればプライバシーが完全に守られるのです。

自宅で受け取れる

インターネットで購入すれば自宅に届けられます。郵便局留めにしたり箱をシンプルなものにしたりといったサービスがある場合もあり、とにかく安心して注文できるのです。

最低限しか処方されない病院と違ってまとめ買いだって自由ですから、そのことに煩わされる時間はほんの僅かしかないのです。むしろまとめ買いすればするほどお得になりますから、そちらをお薦めします。

薬の価格が安い、種類も豊富

より安くておすすめのバイアグラジェネリックだと、ゼリータイプやチュアブルタイプなど剤形もさまざまです。年齢を重ねて錠剤を飲み込むのが困難になった方でも大丈夫ですし、飽きることなくおいしく服用できます。安いのですから毎日の性生活に取り入れやすくもなるでしょう。

メリットがたっぷりの個人輸入、危険性もきちんと知った上で試してみてください。性生活に自信が付いてくると男としての自信も取り戻せるはずです。プライベートだけでなく仕事の上でもきっと今まで以上に充実した日々が送れるようになるでしょう。

男性として生まれたからにはいつまでもパートナーを喜ばせることの出来る状態でいたいもの、バイアグラは、そしてバイアグラのジェネリック医薬品はそれを応援してくれます。一人で悩んでいないでネットを開いてみましょう。

バイアグラを個人輸入するデメリット

通販のデメリットは、購入先の選定がむずかしいところです。病院がハズレるといったことはありませんが、個人輸入代行業者によってはハズれもあります。代金を振り込んでも商品が届かなかったら、元も子もありません。

粗悪品を販売する業者もいる

正規品でない場合は実際はどんな薬物なのか分からないので危険です。特に注意したいのは中国製の商品です。厚労省にも、中国製のバイアグラや強壮剤を飲んで起きた死亡事故が報告されています。正規品ではなく格安のものを入手したいといった理由で、海外から持って帰って来ようとする人も少なくないのです。

正規品以外のものは前述の成分不明の危険に加え、製造工程も不純物が入ったり品質管理がバラバラである事なども珍しくないのです。正規のメーカーが検査をしてみたところ、40%以上が偽造品であったという事です。

単に効果が無いだけでしたらまだいい方で、人体に有害な物質や興奮剤の様なものが入っていた等の事例もあったとの事でかなり危険である事が分かります。しかも、調査が行われてからも正規品以外を売ろうとする動きは続いています。安全を考えるならば正規品以外は止めた方がいいです。

海外版の商品は日本人には強力な場合がある

海外の医療機関で処方されたものを個人輸入するならば良いのではないかという見方をする人もいます。ですが、日本との基準が相当に違う事も珍しくありません。要らないトラブルを避けるという事で見てみるなら、やはり日本の病院でしっかり処方してもらい通販もそれでやってもらうという方を強くお勧めします。

健康保険適用外であり、自由診療になる分だけお金が高くなってしまう面は確かにあります。ですが、病院を事前に調べておくなどしておけば、値段をある程度抑えられたりもしますので。決して入手不可能という事にもならないのです。そういった面の確認も強くお勧めします。

病院でのED治療の方法

「あれ最近めっきり勃たない……なんで?」はじめてEDの症状を自覚したときはとても不安ですよね。自分自身ではどうやっても対処できないため、治療方法に悩んでしまう方が多いのではないでしょうか。

  • どこの医療機関を受診すればいいのか?
  • 服薬治療ができるのか?
  • 治療費用はどれくらいかかるのか?

このように様々な悩みを抱えてしまう方が増えています。

30年ほど前までは、ED治療がまだ発達していなかったこともあり、簡単に治療が受けられない、専門医が少ない、といった点が問題でした。またこの頃は、勃起不全という疾患名すら一般的でなかったため、インポ(インポテンツ)と呼ばれて肩身の狭い思いをした患者も少なくなかったのです。

しかし、1998年に経口タイプのED治療薬・バイアグラが登場してから、患者が受けられる治療環境は大きく改善しました。

泌尿器科や内科などに加え、ED治療の男性専門外来に相談をして、治療効果が得られたという患者が増えてきています。ED治療に使用される方法は、服薬治療だけでなく複数あります。患者の状態や希望に合わせ、選択肢も増えてきました。

医療機関によって、EDの診察や治療方法は異なります。できるだけ事前に複数の医療機関をチェックするようにしましょう。

ED治療の一般的な流れ

  1. 簡単な問診票に既往歴や服薬中の薬などを記入する
  2. 心臓に異常がないか診断する
  3. 主に服薬タイプのED治療薬を利用した治療を行っていく

ED治療薬はバイアグラ、レビトラ、シアリスという、異なる特徴を持つ3種類の薬が販売されています。

患者が希望する効果、体質や生活環境に合わせて、使用する治療薬の選択が可能になっています。万が一、服薬タイプの治療薬が使用できない、有効性がないと診断されたときは、陰茎へ直に注射をする、勃起を補助する器具を装着するといった、外科的な治療を行う医療機関もあります。

医師に伝えよう!既往歴や持病

ED治療薬を利用する上で注意しなくてはいけないことは、既往歴や服薬中の薬をしっかりと把握しておくことです。

心臓の病気を患っていてニトログリセリンを利用している。排尿障害や血圧の治療に降圧剤を服用している。このような場合はED治療薬の併用が危険なため、自分の病歴やいま飲んでいる薬の種類などを、医師にきちんと伝えるようにしましょう。

バイアグラの飲み方

バイアグラの飲み方の鉄則は「性交の1時間前までに、お腹を空かした状態で飲む」ことです。

飲むタイミングの目安は1時間前

ED治療薬として用いられるバイアグラの正しい使い方は、性行為をする1時間くらい前に服用をします。

バイアグラには2種類、25mgと50mgの錠剤があります。医師の診察を受けて処方せんを出してもらわなくても、購入すれば2種類とも服用できるものです。とにかく安全に使いたいのであれば、医師に診察してもらい、最適な服用量を指示してもらえば安心です。25mgの錠剤を飲んでも効果が出ないようであれば、その上の50mgに切り替えていきます。

一度服用をしたら、心臓への負担を考えて24時間以上は服用の間隔を空けるようにします。

かならず空腹のときに飲む

バイアグラは、食事の成分によって影響を受けてしまうので、服用は必ず空腹時になるように注意をしましょう。バイアグラは服用をすれば30分位で効果が出始めます。それ以降でしたら食事をしても問題はありません。バイアグラの効果は5時間から6時間程度は持続します。そのことを踏まえて、余裕を持って服用する事もできます。

もし、食事をした後に服用をしたいのであれば、間隔を空けて服用するようにします。目安としては食後2時間くらい経過してからの服用であれば、食事の影響はある程度は収まります。ただ脂っこい食物は胃に残りやすく、薬の吸収を妨げてしまいます。できるだけ消化しやすい食材や調理法を選ぶようにしましょう。

とにかく「水」で飲む

錠剤を飲み込むときには、基本的に水を使って飲むようにしましょう。ワインや日本酒などのアルコールで飲むことについては、特別に禁じられてはいません。ただし、勃起にマイナスに作用する可能性があるため、おすすめはできません。

アルコールが中枢神経に作用することにより、性行為に必要な興奮状態にならず、逆にリラックスしてしまうことがあります。また、アルコールを大量に摂取しすぎると、中枢神経が働かなくなることもあります。薬の効果が薄まってしまい、肝心の性行為に悪影響が出る恐れがあります。バイアグラの効果を完全に得たいのであれば、素直に水で服用しておくに越したことはありません。

バイアグラの副作用

バイアグラを服用したときに出てくる副作用には、頻繁に起きる症状として顔のほてりや動悸、頭痛、目の充血、胸焼け、鼻づまりなどがあります。

バイアグラの成分が胃から30分ほどで吸収され、効果があらわれてくる代わりに、副作用も出てきます。顔のほてりや目の充血などは、バイアグラを服用すれば、9割以上の患者に出てくる症状です。多かれ少なかれあらわれるものですから、それほど心配することはありません。頭痛や動悸などの軽い症状も含め、これらの副作用は、勃起を促すための血管を拡張させる働きから生じるものです。

胸焼けは、食事の影響が出ないように、バイアグラを服用するときが空腹であることが影響しています。薬の成分には胃を荒らしてしまう働きがあるので、もともと胃が弱いという患者は胸焼けが出やすいのです。

ここまで挙げた副作用については、発生の頻度が高いものですが、稀に起こる副作用も注意しなければいけません。失神や脳梗塞といった、状況によっては命に危険が及ぶようなもの。いつまでも勃起が収まらない持続勃起、感覚器官に問題が出てくる視力低下に視覚障害、突発性難聴などがあります。また気道感染症や尿路感染などの感染症にかかることもあります。

稀に起きる副作用のなかには、バイアグラの成分によってもたらされたものなのか、明確にはわかっていないものもあります。一概にバイアグラが危険とは言い切れないものの、少なからず関連があるかもしれない以上は、これらの副作用がでる可能性があることを自覚しておきましょう。

バイアグラは勃起不全を改善するために、とても強い効果を持っています。しかし、その反面で様々な形の副作用が起きる可能性があります。もし何かしらの異常が出たときには、速やかに使用を中止して医師の診察を受けるようにしましょう。

バイアグラの併用禁忌薬

バイアグラにはいっしょに使ってはいけない(併用禁忌)薬があります。

狭心症や不整脈など、心臓や血管の疾患を持っている方に処方される、硝酸剤や抗不整脈薬。HIV治療で使われる抗ウイルス薬。水虫の治療などに使われる抗真菌薬などがあります。併用禁忌薬には、飲み薬だけでなく貼り薬や吸引剤なども含まれます。

なぜこれらを薬を併用してはいけないのかというと、薬同士の作用によって様々な異常が生じるからです。

硝酸剤が危険な理由は、血管の拡張効果が増強されるからです。バイアグラはもともと、狭心症の治療薬として開発されました。血管を拡張させる薬として効果が期待された薬なので、同じ効果を持つ硝酸剤をいっしょに飲むと、血圧が下がりすぎてしまいます。抗不整脈薬はお互いの成分がぶつかり合い、心臓の鼓動が乱れてしまう恐れが出てきます。突然死の原因となる病気を引き起こすこともあります。

バイアグラと抗真菌薬や抗ウイルス薬を併用すると、バイアグラの血中濃度が高くなりすぎてしまう恐れがあります。血中濃度が高くなれば、血管拡張作用が過剰に働くため、心臓や血管にかかる負担が増えてしまいます。

ここまで見てきたような薬を併用してしまうと、場合によっては命を落とす危険性があります。既往症があって薬を服用している人は、絶対にバイアグラを飲んではいけません。

しかし、硝酸剤と言われても、薬の名前は商品によって異なるので、自身が何の薬を飲んでいるのかわからないという人もいるのではないでしょうか。「病院に通って何かしらの薬を処方してもらっている。けれども併用禁忌となっているのかわからない」という方は、問診の際に医師に確認してもらうよう、どのような薬を飲んでいるのかを正確に伝えるようにしておきましょう。海外から通販で購入した際も、なんらかの発作が出たときにはすぐに病院に行き、バイアグラを飲んで発作が起きたことを伝えましょう。

バイアグラのジェネリック

バイアグラのジェネリック薬を利用する一番のメリットは価格です。とはいえメリットは価格だけにおさまりません。飲みやすく改良されたバイアグラのジェネリックや、レビトラやシアリスのジェネリック薬など、種類が豊富です。

海外版ジェネリックはとにかく安さがウリ

個人輸入でバイアグラを購入するだけでも、治療費や交通費が節約できるので十分お得です。さらに海外版のバイアグラ・ジェネリックを利用すればコストが大幅にカットできます。ジェネリック医薬品というのは、先発薬(バイアグラ)が発売された十数年後に、後から発売された薬のことです。薬の有効成分自体は同じなので、同等の効果が得られます。

そもそも開発費が抑えられるメリットに加え、先発薬が有名なら有名なほど、後発薬はその知名度に便乗できます。薬の広告費もかからないので、ジェネリック薬は先発薬よりも安く提供されるのです。

飲みやすさが改善されている

バイアグラ錠ではなくジェネリック薬を使用するメリットに、飲みやすさ・使いやすさがあります。

バイアグラといえば基本は錠剤タイプを指します。錠剤に薬は、高齢になると服用がむずかしくなる患者もいます。一方でジェネリック薬は、剤形が豊富です。インドの製薬会社が製造販売するカマグラという商品は、水に溶かして飲む発泡剤タイプや、飴のように舐めて溶かすチュアブルタイプ、飲みやすいゼリータイプなど、剤形も様々です。ゼリータイプだけでも何種類もの味があるため、飽きも来ません。

ジェネリック薬は種類が豊富

国内ではバイアグラ以外にもレビトラやシアリスといったED治療薬が認可されています。海外版にはそれぞれのジェネリック薬があります。知名度が高い先発薬は当然のごとくバイアグラですが、その他のED治療薬もいろいろと試してみましょう。持続時間や即効性など、同じED治療薬でもそれぞれに特徴があります。性行為の場面ごとに特徴を活かして、ED治療薬の使い分けができると便利です。

ジェネリック薬のメリットを活かそう

個人輸入だから危険、ジェネリックだから危険と、一概には言い切れません。個人輸入できるジェネリック薬だからこそのメリットもたくさんあるのです。大切なのは情報集めです。また、安さだけで飛びつかないことです。もっと賢くED治療薬が利用できます。安すぎるサイトは何かあるのではないか。振り込んでも商品が送られてこなかったり、効果が得られなかったりするかもしれません。目の前の安さだけにとらわれて、結果的に高い買い物になってしまうことだけは避けましょう。

ED(勃起不全)とは

EDとは「Erectile Dysfunction」の略語で、勃起の機能不全を意味します。日本では勃起障害や、勃起不全という症状として使用されています。勃起不全という言葉だけを目にすると、勃起をすることがまったくできない状態をイメージするのではないでしょうか。しかし、実際の症状は、勃起するまでに時間がかかってしまったり、いちど勃起をしても途中で萎えてしまうといった症状が大半なのです。

EDの症状が続くと、満足な性交が行えなくなってしまいます。「今日はたまたま」「気分が乗ってなかった」などと誤魔化すのはよくありません。少しでも男性器の勃起が十分ではないと感じた場合は、自分自身がEDの可能性があることを疑う必要があります。EDは男性なら多くの人に起こりえる病気だからです。原因や症状は人によってそれぞれ異なってくるため、なにか不審な部分を感じたら、すぐに医療機関に相談をする必要があります。

1998年、日本国内で幅広い年齢層の男性を対象として、勃起に関する調査が行われました。その結果によれば、成人男性の4人に1人は、なにかしら性交に問題を抱えていました。勃起が十分な状態にならず、きちんと性交することができなかったり(中度ED)、完全に勃起せず、常に性交ができなかったり(完全なED)したのです。性交ができないことが稀にあるといった、軽度のEDの割合を含めると、成人男性の半数以上(約53%)がこの症状で悩んでいます。EDの症状に特に頭を悩ませている患者は、20~30代といった若い世代の方が多いのも特徴です。

EDが起こる原因は大きく分類して3つあります。

  1. 心的なストレスを抱えている
  2. 血管や神経に障害がある
  3. 特定の薬剤を服用している

自分自身で判断をせずにまずは医師に相談をすることが大切になります。

バイアグラのまとめ

バイアグラを入手したいのなら、まずはED治療を行っている病院に行きましょう。飲み薬を使う以上、まずは安全に使いたい、という不安を解消するには、病院が一番です。きちんと医師に診てもらった上で、適正な量を処方してもらえます。

何度か病院に足を運ぶうちに、ED治療にかかる費用が、あなたの頭を悩ませるかもしれません。そんなときは、通販サイトを利用して手に入れる方法はいかがでしょう。費用以外でも、恥ずかしくて、あるいは病院に行く時間が取れないという方でも、24時間いつでもどこでも購入できます。通販では、病院の処方価格の半額以下が相場です。性交一回に1000円以上かかってしまう病院の価格に比べ、現実的に利用できる値段ではないでしょうか。

バイアグラの通販にはメリットもあればデメリットもあります。あなた自身が感じるメリットがデメリットを上回るようなら、通販がおすすめです。バイアグラを個人輸入するメリットは、プライバシーが守られる、自宅にいながら受け取れる、薬の価格がやすかったり種類も豊富です。通販のデメリットは、購入先の選定がむずかしいところです。粗悪品を販売する業者もいるため、評判や口コミなどを頼りにするといいでしょう。

病院で処方される薬に慣れてきたら、利便性の高い通販(個人輸入)に切り替えるという方法は賢い選択かもしれません。病院だから安心、個人輸入だから危険、ジェネリックだから危険と、一概には言い切れません。バイアグラの処方に限らず、実店舗と通販にはメリットとデメリットがあります。どちらが自身に適しているのか。賢い選択ができるように、しっかりとした情報を入手しましょう。