海外にはバイアグラのジェネリック医薬品が存在します。バイアグラと同じ効果が得られるのに驚きの安さです。購入には通販サイトを利用します。

バイアグラジェネリックとは

バイアグラジェネリックには国内製品と海外製品のものがあり、バイアグラジェネリックにはシルデナフィルクエン酸塩が主成分として含まれています。シルデナフィルクエン酸塩は一酸化窒素の分泌に作用することによって血管が拡張され血流が良くなります。また、血管を拡張する環状グアノシン一リン酸を分解してしまうホスホジエステラーゼを阻害することによって勃起不全を改善するのです。

副作用は出る人でない人がいますが殆どが血管拡張効果による頬の火照りや頭痛になります。稀に眩暈や視覚異常が出ることもありますが、そのような場合にはすぐに病院に行きましょう。

また、ジェネリック医薬品という言葉を最近良く聞きますが、ジェネリック医薬品がどのようなものがご存知でしょうか。今まで使用されてきた薬と同じ効能が確認されている低コストな薬になります。既に開発をされているものでも特許権が切れてしまえば誰でも作れるようになります。そのためジェネリック医薬品は開発費がかからず低コストで提供出来るのです。

このシルデナフィルクエン酸塩はアメリカのファイザー社で発見された成分になります。実はこのシルデナフィルクエン酸塩は偶然発見された成分で、狭心症の治療薬として開発を進められていました。ですが狭心症に効果はなく、治験薬を治験者が返却してくれないため理由を調査したら勃起不全に効果があるということで勃起不全治療薬として現在に至ります。

元々は特許権のため国内製品はなかったのですが、2014年に特許権が切れて国内での製造が出来るようになりました。国内製品のバイアグラジェネリックは25㎎と50㎎のものしか販売されておらず、100㎎のものは海外製品にしかなく、日本では処方されません。

バイアグラジェネリックの値段

バイアグラにはジェネリックがあり、参考にされた先発医薬品の海外メーカーファイザー製が最も古いということになります。発売当初から数多くの男性の悩みを解消し喜ばれた経緯がありますが、価格は高価で、購入することが困難なケースもあり、ED治療は継続していくことに意味がありますから費用面でコストを抑えることが重要になってきます。

この費用面での問題点を解消するため、ジェネリック医薬品の開発に着手するメーカーは多くありました。ジェネリック医薬品の検討・開発を行うことは、バイアグラの高い効果を見込めると同時に販売価格をかなり抑えることに繋がります。バイアグラの処方は自由診療扱いですから、そのジェネリック医薬品も同様の扱いです。しかし薬そのものは病院によって異なりますが、約3分の1~3分の2で済みます。個人輸入で購入した場合でもやはり3分の1、場合によってはそれ以下で購入できることもあります。

バイアグラジェネリックは海外の世界各国で製造されています。そのためどの国の、どの医薬品メーカーが製造したものかという点も注目しないとなりません。海外のメーカーは日本国内とは異なり、別のルールに則って製造される場合があるからです。日本のルールとは異なる製造過程を経ているリスクも想定しないといけません。

しかし多くのバイアグラジェネリックは危険なものではありません。現に病院は限定されますが日本国内で製造されたバイアグラジェネリックは、実際に存在します。これらのことを考えると、バイアグラジェネリック医薬品は低コストで効率良く先発医薬品と同様の使用方法ができ、簡単に言えば安価で同様の効果を見込めるものであるということになります。インド製のバイアグラジェネリックの錠剤の場合、4錠で2.000円が相場で、日本国内の病院で処方されるファイザー製だと診療を含めて4錠で約2万円ですから、かなりの価格差があります。

バイアグラジェネリックの種類

バイアグラジェネリックにも種類があり、錠剤やフィルムの2種類が一般的になります。海外、国内共にシルデナフィルクエン酸塩が含有されているので作用、副作用はあまり変わりません。元々ジェネリック医薬品は元の薬と同等に効果が出ることが実験、証明されたものが販売されています。そのため薬によって効果が違うということはありませんので安心して下さい。また、シルデナフィルクエン酸塩の含有量が25㎎と50㎎、100㎎と種類があり、価格は含有量が多い方が若干高くなります。

チュアブル・舌下錠タイプ

国内で処方されているのは錠剤が殆どですが、各社形状や色、味が違うのです。通常は舌下で溶かすため苦みが強いのですが、東和製薬株式会社はコーヒー味とレモン味があり、ラムネの様に溶けるため服用しやすくなっているのです。他にもチュワブルというタブレット状のバイアグラジェネリックもあります。ラムネの様に溶け、パイナップル味やストロベリー味等の味で服用しやすいのです。

フィルムタイプ

海外製品も多くは錠剤なのですが、中にはフィルム状のいうものも販売されています。バイアグラODフィルムはミント味で水なしで服用出来るということで人気なのですが、効き目が薄いということも言われています。実際には体内に吸収されるのが通常よりも遅いので、錠剤の時と同様に服用していると効果が薄いというように感じる方が多いようです。なのでもしもバイアグラODフィルムを使用する場合には聞いて欲しい時間よりも早めに服用することが必要です。また、薄いため財布に入れておく等持ち歩きにも便利です。

ですがこちらは海外製品のため日本では処方されてはいません。国内のバイアグラジェネリックでも効果は変わらないため、わざわざ海外から輸入している所は少ないのです。そのため服用したいな、という場合には個人輸入代行サイト等で個人輸入する必要がありますが、それでも国内での処方薬よりも安いのです。

ゼリータイプ

バイアグラジェネリックの中にはアジャンタファーマ社のゼリー状のものや発泡錠剤もあります。ゼリー状のものは1箱に7袋しか入っており、ゼリーのため服用しやすいというのが特徴です。パイナップル味やオレンジ味、バニラ味等複数あり、味も服用しやすいようになっています。ですが半分に割って服用するということが出来ないので100㎎全部服用することになるため、通常50㎎しか処方されない日本人にとっては慣れないかもしれません。50㎎を使用して副作用が強い、という場合には使用しない方が良いでしょう。

発泡錠タイプ

発泡錠剤も同様にアジャンタファーマ社の製品で、世界初のバイアグラの発泡錠剤になります。水に溶かして服用するため体内に吸収されるまでの時間が早く、即効性があるバイアグラジェネリックとなります。しかも味はオレンジ味と飲みやすいのです。

これらの製品は海外製品のためやはり個人輸入をする必要があります。また、錠剤ではないので錠剤が苦手だという方やコストを下げたいという方にもお勧めです。ですがシルデナフィルクエン酸塩の含有量が100mgが日本以外ではスタンダードで、2分割して服用して更にコストを下げるという方法もありますが分割出来ない場合もあります。どういう形状なのか、含有量はいくらなのか、自分の副作用の出方はどうか、等を考慮して購入するようにしましょう。

また、最初は必ず病院に行って説明を受けて下さい。そこで処方された薬を服用してから副作用がどうなのかということを知ることが重要です。いきなり個人輸入をした海外製品は使用しないように、安全に服用をしましょう。

バイアグラジェネリックの効果

バイアグラジェネリックは配合されている有効成分はシルデナフィルですが、これは先発医薬品メーカーファイザー製であるバイアグラと同様のものでありますから、同じ量が配合されている必要があります。そのため新薬のバイアグラを使用して、既に効果があることを確認されている方は、バイアグラジェネリックでも同様の効果を見込めるということになります。

ところが製造工程、有効成分以外に配合されている添加物などが先発医薬品とは異なることがあり、これが全く同じものが使用されているかどうかまでは保証されていません。そのためバイアグラジェネリックが先発医薬品と全く同じ薬とまでは言えない部分があります。また医薬品はたとえ同じ成分のものであっても、服用者の体重や体格、体調加えて食事前か食事後なのかでも効き方が異なってきます。同じような効果が出るかどうかが気になる場合、最初は少量を服用して試してみて、確実な効果があるかどうかを確認してみることも重要なことになります。

ところでバイアグラジェネリックはさまざまタイプのものがあり、一般的な錠剤以外の形態をしているものがあります。ゼリー・フィルム・トローチ・チュアブルなどがあり、吸収スピードが錠剤とは異なります。特にフィルムタイプは口の中に含み、唾液で溶かして吸収するものですから効果が出るスピードが速いのです。錠剤に比べ約半分ほどの時間で効果が現われるといわれていますから、即効性を求めるならこのタイプが選択肢に入ることになります。またゼリータイプやトローチタイプも効き目が速く出ると言われており、いずれも口腔内で舐めたり噛み砕いたりして吸収・摂取しますから、錠剤よりも効き目が速いという声が多くあります。

バイアグラジェネリックの通販

バイアグラジェネリックは世界中の男性に効果がありますから、世界中での医薬品メーカーが開発・製造しています。そのため海外製のバイアグラジェネリックは多く存在します。ところが日本の法律に元づいて製造されていないケースが稀にあり、この点を懸念、多くの日本国内の病院は先発医薬品であるファイザー製のものを処方することが多いのです。結果として薬にかかる費用が高価となることが多くなっています。その点を回避するときは日本国内メーカー製造のジェネリック品を処方することがあるようですが、海外のジェネリック品と比べると少し高価になることが多いようです。

しかし現在はわざわざ病院で処方されることを待たず、個人輸入で購入することが可能です。かつては海外に行って購入していたものが、個人輸入ができますから簡単に入手できます。インド製のジェネリックも輸入できますし、種類も豊富です。種類は一般的な錠剤の他、のど飴のようなトローチタイプ、これは舐めたり噛み砕いて口腔内から吸収するもので、錠剤の苦手な方やフルーツ味などを好む場合もあります。錠剤が苦手な方はフィルムタイプのものも好まれ、これは口の中で溶けるシート状のものです。こちらもミントの味が付いていたりしますから清涼感があり好評なようです。シート状ですから薬とは分らないため、また持ち運びも容易であることも特長と言えます。

ゼリータイプもあり、四角パックに入っており使用時は開封し、パックから直接吸って摂取します。水が不要ですからどこでも服用することが可能で、かつ吸収が早いことが特長です。他にもさまざまな形態の薬がありますが、どのタイプもほとんどが個人輸入で購入することが可能で、インド産ジェネリックは4錠で約2.000円程度で入手できます。国内の病院で先発品を処方された場合、約2万円かかるものが2.000円で済むのですから大変なコストダウンができることになります。