新着記事公開!【EDは男性なら誰でもかかる可能性のある「血管の病気」…!?】

ラブグラの効果でアソコの感度がアップ!?効果や使い方をまとめました!

ラブグラの効果でアソコの感度がアップ!?効果や使い方をまとめました!

ラブグラは、女性用バイアグラと呼ばれている商品です。女性の性的な欲求だったり快感を満足させるため、インドの大手製薬会社が開発、商品化しました。

ラブグラの効果

ラブグラを服用することで、性行為の問に膣内や外陰の感度を上げ感じやすくさせるという効果を発揮してくれます。性交時に痛みがあって性交自体を楽しむことができず悩んでいるという人は、ラブグラを飲むことで濡れやすくなりますし、性交痛を緩和させる効果もあるのです。

なぜこのような効果があるのかというと、ラブグラに配合されているシルデナフィルという成分が入っているからです。シルデナフィルは、バイアグラの主成分として知られていて、大手製薬会社のファイザー社が開発した成分で、効果には実績と信頼もあるのです。服用をしたら血管が拡張されて、全身の血行が良くなりますし、男性の勃起不全とか筋肉の疲労回復にも効果を発揮してくれます。

ラブグラは、性行為が受け身だけの行為ではないと感じている女性が多いので人気が高くなっています。女性向けの媚薬とかサプリメントは数多くありますが、ラブグラの原点は不感症に悩んでいる女性のために開発された医薬品という点にあるのです。すごく安心して飲むことができます。

まずは少しずつ効果のあらわれ方を見ながら

効果を最大限に発揮するには、決められた用法と用量はきちんと守る必要があります。日本人は、外国人と比べると体のつくりが小さいので、効き目が異なることがあるのです。少ない量でもしっかり効果を発揮してくれる場合が多いので、初めて服用をする場合には、半分とか4分の1(25mg)から服用をしてみるのもおすすめです。

ラブグラを飲むことで、感度が高くなり気分が高揚したり性欲が高まるという効果もあります。性的刺激に敏感になってオーガズムを得やすくなったという人が多くおられるのです。飲むだけで下着が濡れたり、感じやすくなるので気持ちよく性行為を行いたい方にはおすすめです。

ラブグラの基本の飲み方と効果的な飲み方

ラブグラは、一日に一回だけ飲むことができます。一回一錠を性交を行う30分前から1時間前に飲むのが最も効果的な飲み方だと言われています。

 

View this post on Instagram

 

ふっふっふ♡ #女性用バイアグラ #特別な日の為にとっておこう #果たして使う日がくるのだろうか #ダイフルカン

安西 千絵さん(@anzaichie)がシェアした投稿 –

服用は水かぬるま湯で

ラブグラは飲み物に吸収が影響されやすいため、飲む際にはジュースなどではなく水かぬるま湯で飲むことがとても大切です。たった一錠で大丈夫かと思われる方もおられますが、一錠飲むだけで一日の摂取には十分な量を飲むことが可能です。次に服用をするまでは24時間空けることが大事です。最初はピルカッターなどを使い、二分の一錠や四分の一錠にして試しに飲んでみることをおすすめします。

ラブグラは、決して飲むだけでは効果が発現するというわけではありません。効果を発現させるためには、電気のスイッチを入れるように性的な刺激を加える必要があるからです。そのため、女性が性交を行う意思がある前提で飲まないと意味がないのです。

食事やアルコールは効果が下がるNG行為

ラブグラは、満腹の時ではなく空腹の状態で飲むとさらに高い効果を発揮してくれると言われています。満腹の時に飲むと、どうしても成分の吸収率が下がってしまいますし、十分な効果を得ることができない可能性が出てきてしまうのです。できるだけ空腹の状態の時に飲むようにすることをおすすめします。そして食後にラブグラを飲むという場合には、2時間は最低おくことです。

ラブグラを飲む時には、一緒にアルコールとかカフェインを飲まないこともとても大切です。一緒にアルコールとかカフェインを摂取してしまうと、効果時間が半減する可能性が出てきてしまうからです。せっかく飲むのであれば、アルコールやカフェインを含むものを口に入れないように注意が必要です。あとは、グレープフルーツジュースなどの柑橘類と一緒に飲まないこともとても大事です。

ラブグラの副作用・代表的な副作用と稀な副作用

ラブグラには副作用があると言われています。

よくある副作用は、鼻づまりやめまい、顔のほてりとか動悸や頭痛、下痢とか腹痛や皮膚疾患です。目が充血してきたといった人もおられます。副作用が出るということは、効果が出始めているという捉え方もできます。そのため、副作用を極度に怖がったりあまり神経質に考えないようにすることがおすすめです。

ラブグラは、効果が切れてきたらそれと同時にだんだんと副作用もおさまっていくことがほとんどです。でも、時間がたっても副作用の症状がなかなかおさまらなかったり、いつもと明らかに体調が違うという時には服用を直ちにやめることが必要です。そしてすぐにかかりつけの医師に相談をしなければいけません。持病を持っている方とか、薬の飲み合わせに不安があるという人も自己判断をするのは非常に危険です。飲み方とか用量をきちんと守ることで、副作用を最小限に抑えることができます。

ラブグラの副作用を少しでも減らすために、心臓に持病を持っている方かとか腎臓や肝に持病を持っている方、心臓や血圧に関する薬を常用している方は必ず医師の診療を受けてからの服用を強くおすすめします。

稀に命に関わるような副作用が発生することがあります。それは、ラブグラと一緒に、ニトログリセリン系の医薬品やアンカロン錠、リオシグアトなどの医薬品と一緒に併用をした時です。絶対にこれらの医薬品と一緒に飲むことは避けないといけません。アルコールとかカフェインを一緒に摂取しても、副作用が起こる可能性は高くなります。稀に起こる副作用には、膣からの大量出血などもあります。こういう症状が起こった場合には、自己判断をしないですぐに病院に行くことが大事です。