スハグラが通販できるサイトはどこ?効果や副作用を調べて実際に使ってみよう!

スハグラの効果・副作用

スハグラはED治療薬であるバイアグラと同じくシルデナフィルが含まれています。バイアグラと同じ効果を期待することができ、同様に副作用も現れます。

スハグラの効果

スハグラには勃起不全を改善するという効果があります。性的刺激を受けてはじめて効果があらわれ、勃起を弱める酵素を抑え込むのです。

勃起不全の改善

性行為を行いたいけれど、それを行うための十分な勃起ができなかったりそれを維持することができないということで悩んでいる男性に効果的です。さらに勃起不全を治すといった効果も発揮すると言われています。性的に興奮している状態であっても勃起をしない、挿入している途中で中折れをする、挿入することができる硬さにまで勃起することができないなどといった勃起不全の症状がみられるときに有効です。

効果は性的刺激を受けてはじめてあらわれる

スハグラによって発揮することができる効果をしっかりと実感するためには、性的な刺激が重要となります。性的な刺激を受けていないときに勃起した意思に反するものでは、長い時間勃起をすることはできません。スハグラの効果を発揮することができる時間は、服用してからおよそ30分〜5時間後までの期間です。最も効果が高いと言われているのは、有効成分が血液中で濃度が高くなるとされる服用してから1時間後のタイミングです。パートナーとの単発のセックス、あらかじめプレイ時間の決まっている風俗サービスを利用するといった目的にはぴったりです。

スハグラの成分が勃起を弱める酵素をおさえる

スハグラにはシルデナフィルと呼ばれる有効成分が含有されています。

勃起をするためには環状グアノシン一リン酸と言われる酵素が必須となり、この環状グアノシン一リン酸が作用することによって陰茎海綿体付近の血流が上がって陰茎が勃起するという仕組みです。酵素ホスホジエステラーゼ5は環状グアノシン一リン酸を分解することによって勃起をさせずに萎えさせてしまうといった働きをしてしまうことで知られています。スハグラの有効成分となるシルデナフィルは酵素ホスホジエステラーゼ5の働きを抑えるために有効です。

勃起をするために必要となる酵素が分解されることを防止することで、血流が増加して、勃起がしやすいという状態をつくることができます。

スハグラの基本の飲み方と効果的な飲み方

初めてスハグラを飲もうと考えている人はまず25mg錠から挑戦してみるようにすると良いです。一度試してみてもっと強いものでもいけそうだった場合は50mg錠・100mg錠などを選ぶようにします。徐々に自分の身体に合った用量を探していくことが大切です。

スハグラ25mgでED患者の6割が勃起改善

スハグラと同等のシルデナフィルを用いてEDを改善するための効果を調べた臨床実験において、バイアグラ25mg錠を使用した際に勃起不全を改善したという割合は58%となっています。50mgあるいは100mgを使用したときと比較してその結果は劣っていますが、半数以上のED患者に対して十分な効果を発揮していると言えるでしょう。スハグラ25mgを服用してED改善効果が十分に出ている場合は、さらに高い用量の薬を活用することは不要です。

スハグラ50mgならED患者7割まで期待できる

薬によって発揮する作用の強さは、病状や体質などといった個人差によって違います。

スハグラに含有されている有効成分として知られるシルデナフィルは、1回の服用が50mgまでとされています。ED治療をこれから開始したいと考えている人は、含まれている成分の量が低い25mgから始めて、ED改善効果を確認しながら徐々に増やしていくと良いです。副作用の面を考慮して、それぞれに合った量を見つけ出すことが大切です。

スハグラ50mgの場合では、バイアグラと同様に72%のED改善効果を見込むことができます。

性行為の1時間前までに服用する

1回に服用する量は、25mg錠のときは1〜2錠、50mg錠のときは1錠、100mgのときは1/2錠です。性行為を実施する1時間前にぬるま湯または水とともに飲むようにします。1日につき1回までの服用とし、食事を行った場合は2時間ほど時間をあけてから飲むようにすると良いです。

スハグラの副作用・代表的な副作用と稀な副作用

副作用といっても過度な心配はいりません。有効成分はバイアグラと同じシルデナフィルなので、副作用も基本的にはバイアグラと同等です。スハグラの副作用として代表的なものが、頭痛やほてりといった軽い症状のものです。

副作用は、血流が活発になったことで起きる

頭痛やほてり以外では、赤ら顔のことを意味する潮紅、鼻づまり、口が渇く、消化不良、胸焼けする、動悸がする、眠気を感じる、下痢をするなどです。副作用として出る症状の多くは、スハグラによる血管の広がりを補助する作用に付随して起こる一時的なものとなっています。このような場合は副作用が生じてしまっても、服用してから3時間半以内には症状が良くなることが多くなっています。

頻度は「稀」でも重大な副作用には注意

脳出血や心筋梗塞、脳梗塞の治療を受けていたり病歴が半年の内にあるとき、血圧が高いとき、血圧が低いとき、狭心症を患っているとき、シルデナフィルに対して過敏症があるとき、網膜色素変性症を発症しているとき、重い肝機能障害があるとき、原発性肺高血圧症になっているときなどは使用を控えてください。このような病気を患っている場合は身体に障害が出てしまうこともあるので注意が必要です。

また、65歳以上の高齢者、女性、成人を迎えていない人、ペロニー病や陰茎の屈曲・線維化などを代表とする陰茎の欠陥、白血病、多発性骨髄腫、消化性潰瘍あるいは出血性疾患、鎌状赤血球性貧血、肝脂肪などを代表とする肝障害、リファンピシン・ボセンタン・カルペリチド・ドキサゾシン・エリスロマイシン・アムロジピン・リトナビルなどといった薬を服用している最中の人はスハグラを使用する前に必ず医師に相談するようにしましょう。何かしらの症状が発生してしまう恐れがあります。

血管を広げる作用がある薬は併用禁忌

併用することが禁止とされている薬もあるので注意が必要です。亜硝酸アミル・アミオダロン塩酸塩・ニトログリセリン・リオシグアト・硝酸イソソルビドなどを代表とする血管拡張剤を使用している場合は医者に相談するようにします。