【タダシップ通販ガイド】タダシップの効果や副作用、おすすめの通販、最強の使いこなし術

この記事は約10分で読めます。

シアリスのジェネリック薬として知られるタダシップについて、効果や飲み方、副作用や禁忌事項、通販の方法まで詳しく紹介します。

タダシップはインドの製薬会社が販売するシアリスのジェネリック薬

タダシップはインドの製薬会社・Cipla(シプラ)で作られている薬です。勃起不全の薬の一種であるシアリスと同じタダラフィルという成分で作られており、シアリスよりも安い価格で購入できるジェネリック医薬品になります。

シアリスは、世界100か国以上で使われているほど有名な薬で、世界中に愛用者がいます。タダシップはシプラというインドの会社で製造されていますが、この製薬会社は他にもたくさんの薬を作っており世界170各国以上で販売をされているインド国内でトップ3に入る製薬会社です。

タダシップはジェネリック薬?コピー薬?

シアリスはまだ国際特許が切れていない薬で、本来ならばまだジェネリック医薬品が作られる段階ではありません。

これは世界の特許制度に限った話で、インド国内の医薬品事情には当てはまりません。インドの特許制度には、医薬品の成分特許が存在しなかったため、タダシップを始めいくつか同じようにタダラフィルを使った製品が登場しました。特許の切れていない医薬品を他社が製造できてしまう理由には、インドの経済状況に関係していると考えられています。平均所得の低いインドでは、シアリスが販売されていたとしても、ほとんどの人が購入できません。そこで、インド政府の許可のもと、価格の安いジェネリック薬としてタダシップの製造が行われていました。

インドではシアリスのジェネリックになっていますが、日本での販売はされておらずシアリスのコピー薬という特殊な位置づけになっています。このような背景がありますが、シアリスと同じ成分が配合されているので、効果はほとんど同じだと考えて差し支えないでしょう。

タダシップはシアリスと同一成分だから安心

タダシップに含まれるタダラフィルはPDE5阻害剤と呼ばれるもので、勃起した時に元に戻そうとする酵素の働きを阻害して勃起状態を長持ちさせます。また勃起をする時には性的な興奮があって始めて効果を発揮しますが、タダシップには性的な興奮を強める力はないので、服用したからといって性感を高めたり性欲が強くなるということはありません。

勃起をする時に必要なのが海綿体に流れ込む血液量を増やすことですが、タダシップの服用により血管を弛緩させることができるので、広がった血管に血液が流れ込みやすくなります。その結果十分に勃起させる能力がでて、その状態を長く続けることができるというわけです。

タダシップの効果の特徴は「効き目が長い」

タダシップの効果の特徴の一つは効果が長く続くと言う点です。シアリスが他のED治療薬と大きく違うのは、服用後かなり長い時間効果が持続するので、時間を気にすることなく薬を使うことができると言うことです。

効果が出るまで2時間から4時間ほどかかる

シアリスの発売以前に販売されていたED治療薬は、服用後に効果がでるまでの時間を短縮することはできましたが、効果を長く続けることはできませんでした。タダシップに含まれるタダラフィルは効果を持続させることができるので、デートの最中にいつ服用をすれば良いかなどで悩む必要がありません。

タダシップを服用すると、およそ30分ほどで効果が出始めて、海綿体への血流がアップし始めます。その後1時間ほどで、十分だと感じられるほどの作用を感じることができますが、最も作用が強くなるまでに2時間から4時間ほどかかります。

効き目が緩やかに出るから負担が少ない

タダシップは他のED治療薬に比べると即効性には劣りますが、急激に薬が効き始めるとその分体への負担が大きくなるので、体に優しい作りになっていると言えます。ED治療薬は心臓に負担をかけることになるので、ゆっくりと効果を出すことで他の臓器への負担を最小限にすることができるのがメリットのひとつです。

勃起不全を改善する効果は36時間持続するので、早めに服用をしておけば、安心して過ごすことができます。

勃起をする時に重要な働きをするのがcGMPという成分です。濃度が上がれば上がるほど、血管の弛緩作用を強くすることができます。勃起に必要な血液を陰茎に確保するためには、血液が流れやすい環境を作らなくてはいけません。

タダシップを服用するとcGMP濃度が上昇するので、血液が流れやすくなり、血流が保たれていれば勃起状態を長く維持すことができます。その状態を36時間もキープできるので、必要がある時には早めに服用をしておくとよいでしょう。ただし14時間が経過すると効果が半分ほどになるので、服用時間が早すぎるとタダシップの効果を十分に実感することができなくなります。

タダシップの飲み方

タダシップの飲み方の基本は、性行為の1時間前です。ただし効き目があらわれる速度は個人差があり、人によっては効き目を感じるまでに3時間ほどかかることもあります。特に初めての服用の時には、何時間ほどで効果がでるかがわからないので時間に余裕を持って服用をしておくことをおすすめします。タダシップを早く飲んでおいても、しばらく継続した効果を期待できるので性行為の時に困ることはないでしょう。

タダシップにはタダラフィルが20mg配合されています。10mgの錠剤はないので、初回から20mgを服用することになります。成人の場合には問題ない容量だと考えられていますが、高齢者にとっては薬が効き過ぎることもあるので、初めて飲む場合は注意が必要です。高齢者ではない場合でも効果が強く出過ぎる可能性はあるということも覚えておきましょう。

タダシップの効き目は個人差が大きく、人によって効果の感じ方にも差があります。また同じ人でも、その日の体調などで大きく変化することがあるので、常に気を配って薬の管理をしてくようにします。食事との関係としては、他のED治療薬に比べて最も食事の影響を受けにくい種類ではあります。しかし、胃の中に食物があると薬の成分が吸収されるのが遅くなるので、空腹時の服用がおすすめです。空腹時であれば確実に効果がでることが期待できるので、大事な場面で使用する時は空腹時にしておいたほうが安全です。

もしも、何か食べたいと言う時にはカロリーが高くなり過ぎないようにして、油っこいものを避けるようにします。食べるものによっては効果が半減してしまう恐れもあるので、薬の服用前にはできるだけ食べ物を体に入れないようなスケジュールを立てておくと良いと思います。空腹時に服用することで、胸やけや消化不良といった他の副作用の予防にもなります。

もしも軽い副作用がでてしまったときでも、薬の成分が体から消えていくのと同時に症状も軽くなっていくので、過度に心配しすぎる必要はありません。

タダシップの副作用

タダシップには副作用があり、代表的なものは頭痛やほてり、顔の紅潮があります。頭痛やほてりの他には鼻づまり、眼の充血、消化不良や胸やけ、吐き気、胃の不快感や下痢などの胃腸障害や筋肉痛なども副作用として報告があります。

有効成分はタダラフィルで、頻度は低いもののタダラフィルの服用による副作用があり、症状は視覚異常やめまい、眠気などです。視覚異常がある場合、視野が狭くなったり緑と青の区別がつかなくなる症状があらわれます。タダシップの代表的な副作用と同様に、タダラフィルの副作用による視覚異常は一過性のものですが、服用してから暫くは車の運転は避けるようにします。

タダシップの副作用は有効成分であるタダラフィルが血管を広げる作用に伴い生じるものが多く、これは、効果を発揮していることにもつながります。副作用は軽度のもである場合が多く、時間の経過と共に副作用は自然に治ることが殆どです。服用して頭痛や胃腸障害が起きた場合は、市販薬で緩和することが可能で、鼻づまりには鼻炎薬、胃腸障害には整腸剤や胃酸を抑える薬を服用するようにします。

極稀に見られる副作用に勃起持続証があります。これはED治療薬の先発医薬品が商品される前の実験で、極稀に勃起した状態が4時間以上持続する症状があるという報告があります。そのためタダシップを服用して4時間以上勃起した状態が続く場合には速やかに医師に相談をすることが必要です。そのままで治療をしないとペニスが損傷して勃起機能を失う恐れがあります。

タダシップの有効成分は強い血管拡張作用があるため、併用禁忌薬は血管拡張剤である硝酸剤などが指定されています。ニトログリセリンや亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなどが代表的な併用禁忌薬です。リオシグアトはタダシップの有効成分と相互作用を起こすため併用できません。禁忌薬とタダシップを併用すると最悪は死に至ることもあるため絶対に併用しないようにします。また、心臓や脳、肝臓の疾患がある安倍にはタダシップの使用を控えることが大切です。”

タダシップの価格相場

ジェネリック医薬品の製造が盛んなインドの製薬企業シプラがタダシップを製造しています。シプラ社が製造した正規品の本物の価格は、1箱あたり(4錠入り)で2000円前後が相場となっています。1錠あたり500円~625円程度で、送料は1000円前後が相場となっているため、薬と合わせて3000円以内で個人輸入で手に入れることが可能です。

日本の病院やクリニックを受診することで様々なメーカーのED治療薬を手に入れることができますが、インドで製造されている海外の医薬品で、日本国内で未承認の薬でもあります。一部のクリニックで処方しているところもありますが、その数は極少数であるため、タダシップを日本の病院やクリニックで処方してもらうことは難しく、薬局やドラッグストアなどで購入することはできません。

タダシップの相場は3000円程度ですが、ED治療薬のシアリスは病院での処方や個人輸入に関係なく1箱8000円前後が相場で1錠あたり2000円ほどになります。タダシップはシアリスと同じ効果が期待でき、費用も4分の1程度で入手できるため、タダシップを活用することで勃起の持続力や満足度などを高めるために必要な費用を大幅に削減することが可能になります。タダシップはED治療薬として知られているシアリスの有効成分タダラフィルを配合しており、効果の持続力に優れているシアリスと同じ有効成分のタダラフィルを使って製造されているのでタダシップはシアリスと同じ特性を引き継いでいるED治療薬です。そのため、シアリスに比べて手頃な価格で入手できるタダシップは世界中の男性に利用されているのは頷けます。

個人輸入以外にもインターネットの通販では多くのED医薬品が販売されていますが、なかには偽物もあり、相場の価格から大きく外れるような安価な価格のED治療薬も販売されています。いくら安く手にいれることができても、偽物を購入しては意味がないため、タダシップの正規品の価格相場を把握しておくことで、タダシップの偽物を購入してしまうことを避けることができます。

タダシップを通販する方法

タダシップは日本では未承認であるため入手するためには病院ではなく通販で入手ができます。

通販というと楽天やアマゾンが知られており、日本国内の通販サイトでは一部の医薬品の取り扱いがありますが、タダシップのようなED医薬品が販売されていないため、楽天やアマゾンなどの通販サイトが利用できないのはデメリットと言えます。アマゾンや楽天でED治療薬で検索するとアルギニンやマカなどが含まれたサプリメントや精力剤などがヒットしますが、どれもEDを改善するには有用である可能性がありますが、ED治療薬のような即効性は期待できないものです。

タダシップは通販サイトで手軽に入手できる点はメリットで、入手するには海外医薬品の通販サイトを利用することで購入可能です。海外医薬品の通販サイトは、海外製品のタダシップを個人輸入するために必要な手続きの一切を代行してくれるインターネットサービスで、タダシップのようなED治療薬の個人輸入は、注文する本人が自分で使うことを目的とした場合のみ認められています。

日本語で運営されている個人輸入代行サイトは数多くあり、注文や登録手続きなどはアマゾンなどの一般的な通販サイトと同様なので簡単に利用できます。なかには合法ではないタダシップの偽物を取り扱っている業者が運営しているサイトもあるので、安全に購入するために事前に悪質な業者の特徴を知っておく必要があります。

インターネット上で商品の取引を行う場合には、必ず運営会社や会社所在地、業務内容や支払い方法などをページのサイト内に設ける必要がありますが、サイト内に特商法についての表記がないサイトは偽物を取り扱っている可能性があります。また個人輸入のサイトでタダシップを購入した際の支払いは銀行振込やクレジットカード決済、コンビニ決済などが一般的なので、代引きが含まれている場合や、サイトのURLがセキュリティ機能が保護されていなかったり、配送日数が日本国内の通販サイトのように短期間である場合なども注意が必要です。

ED治療薬のタダシップの偽物を購入しないようにするために、信頼できない通販サイトの特徴を把握しておくことは大切なことです。

タイトルとURLをコピーしました